米大統領が中国主席に謝意、「パリ協定」採択への貢献評価

[ワシントン 14日 ロイター] - オバマ米大統領は13日夜に中国の習近平国家主席と電話会談し、第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)での「パリ協定」採択で中国が重要な役割を果たしたことに謝意を表明した。米ホワイトハウスが14日、声明を発表した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。