FOMC控えドルの下値リスクを警戒=今週の外為市場

[東京 14日 ロイター] - 米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える今週の外為市場では、米利上げを見込んで積み上げられてきたドル・ロングの巻き戻し余地や、軟調な原油相場と人民元、過去最安値を更新する南ア・ランドなどのリスクオフ要因が多く、ドルの下値リスクが意識される地合いとなりそうだ。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。