米国株式市場が反発、原油安は引き続き重しに

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 10日の米国株式市場は4営業日ぶりに反発して取引を終えた。一部安値拾いの買いがみられた。ただ、米利上げが予想される中、原油価格が7年ぶりの安値付近に下落し、引き続き相場の重しとなった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。