独VW、不正再発防止策導入へ 取締役の関与は認められず

[ウォルフスブルク(ドイツ) 10日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は10日、不正ソフトウエアを用いて排ガス規制を逃れていた問題について、関与していたのは少人数の従業員で、取締役の関与を示唆する情報はないことを明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。