東アジアの就労人口、今後25年で15%減少する可能性=世銀報告書

[北京 9日 ロイター] - 世界銀行は9日、高齢化が急速に進む東アジア地域の就労人口が、今後25年間で10─15%減少し、経済成長を妨げ、財政支出は増加するとの見方を示した。世銀の報告書によると、東アジアの高齢化は史上類を見ない速度で進展。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。