ドル大幅下落、ECBノボトニー氏の発言きっかけに=NY市場

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがユーロに対して約1か月ぶり安値に下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中央銀行総裁が、ECBと米連邦準備理事会(FRB)の金融政策の方向性の違いについて懐疑的な見方を示したことで、ユーロ/ドル<EUR=>は1.10ドル台に上昇。ドル売りは円など他の主要通貨に対しても波及し、市場参加者はドルの買い持ちポジションの調整売りを行った。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。