燃費新税、税収規模890億円に 消費増税にらみ影響緩和

[東京 9日 ロイター] - 政府・与党は、2017年4月から導入する自動車購入時に燃費に応じて課税する「環境性能割」で、税収規模を890億円程度とする方針を固めた。今年度の税収見込みからは210億円程度の実質減税となる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。