カナダ政策金利‐0.5%まで引き下げ可能、当面必要ない=中銀

[トロント 8日 ロイター] - カナダ銀行(中央銀行)は、必要であれば、主要政策金利をマイナス0.5%まで引き下げることが可能との認識を示した。だがカナダ経済は原油など資源価格の下落から想定通り回復しており、こうした非標準的措置を当面活用することはないと強調した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。