来年の世界建機需要さらに低調、中国先行き不透明=コマツ社長

[東京 8日 ロイター] - コマツの大橋徹二社長は8日、ロイターなどとのインタビューで、来年の建設機械の世界需要は今年より「多分低くなるのではないか」と述べた上で、「全体的に見ると、増える要素のある地域が少ないのは間違いない」との見通しを示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。