バチカンで聖年祝う祭典、米仏の「イスラム国」事件受け警備強化

[バチカン市 8日 ロイター] - バチカン市で8日、カトリック教の聖年を祝う祭典が始まる。世界中から数百万人の巡礼者が集まる予定だが、仏パリや米カリフォルニア州で起きた、イスラム教過激派組織「イスラム国」による銃撃事件などを受け、例年に増して厳しい警備体制が敷かれている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。