キューバ債務の大部分放棄、主要債権国と近く合意=外交筋

[ハバナ 7日 ロイター] - キューバと主要債権国で構成するパリクラブは、1986年のデフォルト(債務不履行)の結果キューバが抱えている160億ドルの債務をめぐり、債権者側が債務の大部分を放棄することで近く合意する見通しだ。外交筋が明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。