アングル:ソーシャルメディアは過激派の宣伝拡散防げるか

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - インターネット交流サイト(SNS)大手の米フェイスブック、検索大手グーグル、短文投稿サイトのツイッターは、イスラム過激派による自社サイト上での宣伝や徴募活動に対する取り締まりを強化している。ただ、当局のネット規制を手助けしていると思われないよう粛々と行っている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。