米大統領「乱射はテロ行為」、過激派阻止へIT企業に協力要請

[ワシントン 6日 ロイター] - オバマ米大統領は6日、カリフォルニア州の銃乱射事件を受けて国民向けにテレビ演説し、武装組織による攻撃阻止に政権が全力を挙げていると表明した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。