焦点:南シナ海仲裁手続き、中国が直面する「国際的代償」

[香港/マニラ 2日 ロイター] - 常設仲裁裁判所(オランダ、ハーグ)は10月末、、南シナ海における領有権問題に関してフィリピンが中国を相手取って起こした仲裁手続きについて、同裁判所に管轄権があるとの判断を示した。このとき中国政府は「何ももたらさない」としてこの判断を受け入れていない。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。