正午のドルは122円半ば、ECBショック後の方向感定まらず

[東京 4日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の122.60/62円だった。欧州中央銀行(ECB)による緩和策への失望感を受けたユーロ急反発後の相場の困惑は収束しておらず、ドルとユーロともに方向感が出ていない。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。