12月米利上げに説得力、覆すには劇的な見通し変更必要=連銀総裁

[ワシントン 2日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は、今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ決定には説得力があり、これを覆すには今後2週間の経済指標が景気見通しを「劇的に」変える必要があるとの認識を示した。講演で述べた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。