コラム:名目GDP目標600兆円の賞味期限=熊野英生氏

[東京 2日] - 残念なことに、政府が名目国内総生産(GDP)600兆円を目指すという目標を掲げたことに、金融市場は反応薄である。民間エコノミストの間でも、600兆円をめぐって活発な議論は起こっていない。筆者はこの数字に批判的であるが、それを積極的に擁護する専門家がほとんどいない事態は異様にも感じられる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。