アングル:OPEC、原油20ドル台の懸念にも方針変更の気配なし

[ロンドン/ドバイ 25日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は、政策立案の中心的役割を担うサウジアラビアに財政的苦難が訪れても積極的生産を維持する構えだ。弱小加盟国は原油相場が20ドル台までさらに下落することを恐れ、警戒感を強めている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。