米株投資、FRB非公式会合リークのパターン把握で妙味=論文

[バークレー(米カリフォルニア州) 21日 ロイター] - 米カリフォルニア大学バークレー校の教授が21日に公表した論文によると、連邦準備理事会(FRB)は金融政策に関する情報を定期的に漏らしている。そのタイミングには一定のパターンがあるため、情報にアクセスできない投資家でもタイミングをつかめば株式市場で利益を得ることができるという。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。