人民元のSDR採用、算出方法変更で比重低下の可能性=関係筋

[19日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)構成通貨への人民元の採用について、採用が決定される公算が大きいものの、SDR通貨の比重の算出方法の変更により、人民元の通貨バスケット内での比重が予想よりも低くなる可能性があることが関係筋の話で明らかになった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。