米百貨店の8─10月業績低調、ノードストロームなど既存店売上高減少

[13日 ロイター] - 週内に発表された米百貨店ノードストロームやメーシーズの第3・四半期(8─10月)既存店売上高が予想を下回る内容となる中、低調の理由が天候要因や過剰在庫といった要因にとどまらず、消費者動向の変化に起因している可能性があることが浮き彫りとなった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。