焦点:新型肺炎、初の死者で「信認低下」懸念 五輪中止の悪夢も

日本で新型肺炎による初めての死者が発生し、政府内では五輪中止が最悪シナリオとして懸念され始めている。国内で感染が拡大し、それが日本の対応能力への不信につながり、五輪開催が危ぶまれるとの悪夢だ。国の信認問題に加えて、経済的打撃も計り知れないとの懸念が強まっている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。