日銀が引当金制度の拡充申請、金利上昇局面でも収益確保

収益が出やすい量的・質的金融緩和(QQE)の拡大局面で引き当て金を積み増す一方、将来の金利上昇局面で利払い負担が増した際に引当金を取り崩し、収益下振れを抑制することが可能となる。制度の詳細は今後詰める。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。