コラム:「師走の円安」アノマリー再現か=鈴木健吾氏

[東京 13日] - 相場には、周期性やアノマリー(Anomaly)などと呼ばれる特徴的な動きがみられることがある。たとえば株式市場では、日本の「節分天井、彼岸底」や英米の「Sell in May(5月に売れ)」といった格言がよく知られている。実際、相場の「癖」は投資のタイミングを考える際において参考になる場合も多い。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。