金利・インフレ永久に低迷も、金融政策再考必要に=米連銀総裁

[ワシントン 12日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米国をはじめ先進国では、金利とインフレ率が恒久的に低迷する新たな時代に入っているのかもしれないとし、金融政策の再考を迫られる可能性があるとの考えを示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。