コラム:ECBのユーロ安誘導、12月に加速か=唐鎌大輔氏

[東京 11日] - 10月の米雇用統計の上振れを受けて、連邦準備理事会(FRB)による12月の利上げが確実視される中、ドル高が勢いを盛り返している。これと対をなす動きとしてユーロ相場の軟化が著しいが、その背景には米利上げ観測だけでなく、10月22日の欧州中央銀行(ECB)理事会での緩和予告もある。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。