コラム:「ゴールドマン陰謀説」を煽るミネアポリス連銀人事

[ニューヨーク 10日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米連邦準備理事会(FRB)がこのほど発表した人事を聞いて、ゴールドマン・サックス陰謀論を唱える一派は大はしゃぎだろう。金融危機の際、米国の銀行と自動車会社を救済する基金の運営で名を上げたニール・カシュカリ氏が、来年からミネアポリス地区連銀の総裁を務める。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。