巨大銀行の損失吸収力、19年にリスク資産比16%=FSB

[東京 9日 ロイター] - 20カ国・地域(G20)の金融規制当局で構成する金融安定理事会(FSB)は9日、国際的な大手銀行に課す新たな健全性基準「総損失吸収能力(TLAC)」の具体的水準を公表した。自己資本規制への対応資本を含めて、損失吸収できる社債などをリスク資産比で2019年に16%、22年に18%保有することを義務づけた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。