日産もタカタ製インフレーターを不採用、エアバッグ問題で

[東京 7日 ロイター] - タカタ製エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題をめぐり、日産自動車は7日、硝酸アンモニウムを使ったタカタ製インフレーター(ガス発生装置)を今後開発する車に採用しないと発表した。最大顧客のホンダを始め、タカタ製を多く使用していた大手自動車メーカーのほとんどが全世界で不採用の方針を打ち出した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。