米通商代表、TPP自動車部品での再交渉を否定

[ワシントン 5日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のフロマン代表は、環太平洋連携協定(TPP)の自動車に関する合意を擁護、これを部分的に再交渉することになれば合意全体に悪影響を与えるとの見方を示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。