米株は小反落、FRB議長発言で警戒感広がる

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 4日の米国株式市場は、小反落して取引を終えた。エネルギー株の続伸が止まったほか、連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が12月の利上げはあり得ると表明したことを受け、投資家の慎重姿勢が強まった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。