VW不正新局面に、ドイツ政府「改心」強く要求

[フランクフルト/ベルリン 4日 ロイター] - フォルクスワーゲン(VW)の不正問題が新局面を迎えた。VWが、欧州で販売した最大80万台について、二酸化炭素(CO2)の排出水準や燃料消費を過少表示していたと明らかにした。ドイツ政府は4日、同社に対し、より強い口調で「改心」を求めた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。