コラム:ユーロ安招く日米欧政策コントラスト=山口曜一郎氏

[東京 4日] - 10月後半は市場参加者や中銀ウォッチャーにとって目まぐるしい日々だった。主要中銀の一連の政策発表によって得られた情報は数多いが、ここでは新興国経済や金融・商品市場に対する各中銀の見方の違いと、日米欧の中で最も積極的に追加緩和姿勢を示したユーロ圏動向の2点に絞って分析したい。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。