タカタ、エアバッグに代替材料の使用拡大 硝酸アンモニウム中止で

[東京 4日 ロイター] - タカタの高田重久会長兼社長は4日会見し、エアバッグを膨らませるガス発生剤で硝酸アンモニウムの使用を2018年末までに段階的に中止することについて、「(硝酸アンモニウムの)安定性には確信を持っているが、問題の原因究明が長期化し、消費者の不安の早期解消、米当局からの強い要請もあり、今回の決断に至った」と述べた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。