第3四半期の米雇用コスト0.6%上昇、インフレ加速にはなお不十分

[ワシントン 30日 ロイター] - 米労働省が発表した第3・四半期の雇用コスト指数は0.6%上昇と、伸びは第2・四半期の0.2%上昇から加速した。労働市場の引き締まりが継続していることを示した。伸びは市場予想と一致した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。