コラム:米利上げ12月説の罠、ドル高息切れも=門田真一郎氏

[東京 29日] - 28日公表の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文は、世界経済と金融動向に対する懸念の後退を示唆するとともに、政策金利について「次回会合で引き上げることが適切かどうか」判断するとの文言を盛り込むなど、全体的にタカ派的な内容となった。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。