アングル:ドル/円圧迫する2つの疑念、日銀緩和と12月米利上げ

[東京 29日 ロイター] - ドル/円<JPY=EBS>は上値が重い展開が続いている。28日に発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文はタカ派的と受け止められたが、12月米利上げが現実にあるかどうか経済指標次第との見方が多い。さらに9月鉱工業生産指数の上振れで日銀の追加緩和観測がやや後退。日米の金融政策という2つの重要材料で決め手を欠くまま、レンジ突破のきっかけをつかめずにいる。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。