米国株式市場は急反発、FOMC声明受け

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 28日の米国株式市場は急反発。主要株価3指数はそろって1%超上昇してこの日の取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)は同日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で事実上のゼロ金利の据え置きを決定したものの、声明では12月の利上げが依然あり得ることを強調した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。