コラム:日銀追加緩和見送りでも円安は進むか=山田修輔氏

[東京 28日] - 30日の日銀政策決定会合は、円相場にとって12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)前の「最大のリスクイベント」と言える。4―6月期の国内総生産(GDP)下振れを受けて、筆者は日銀政策を「秋のドル円カタリスト」の1つと位置付けてきた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。