任天堂、5年ぶり中間営業黒字 フィギュアやダウンロード販売寄与

[大阪 28日 ロイター] - 任天堂が28日発表した2015年4―9月期の連結営業損益は89億円の黒字(前年同期は2億円の赤字)で、5年ぶりの中間営業黒字となった。携帯型ゲーム機の販売台数が伸びたほか、ゲーム連動型フィギュアやダウンロード販売が伸びた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。