利下げで社会融資コスト押し下げ、中国人民銀が狙い説明

[北京 23日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が23日、政策金利と銀行の預金準備率を引き下げ、預金金利を自由化した。利下げは経済状況に対応するもので、社会融資コストを一段と押し下げ、実体経済を下支えすると狙いを説明した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。