予定通りの消費増税で債務圧縮必要、軽減税率評価=S&P

[東京 23日 ロイター] - 格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は23日、日本は2017年に予定通り消費税率を引き上げて税収拡大を図り、債務を圧縮する必要があるとの見解を明らかにした。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。