焦点:中国減速で北アジアに忍び寄る景気後退の影

世界の国内総生産(GDP)に占める割合が10年前の10%未満から16%に達した中国は、痛みを伴う経済のバランス調整を経験している。こうした中で国際通貨基金(IMF)は主要な中国向けの輸出国である日本、韓国、香港、台湾を含む地域の今年の成長率を、金融危機後の最低水準となる5.5%と予測している。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。