寄り付きの日経平均は反落、日本電産は上昇スタート

[東京 22日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比110円59銭安の1万8443円69銭となり、反落して始まった。外需の一角や金融セクターが軟調な滑り出しとなった一方、鉄鋼株は堅調。食料品など内需関連株もしっかり。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。