ゴールドマン4-6月は13%減収、年間7億ドルのコスト節減目指す

[19日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックスが公表した第2・四半期(4━6月)決算は、費用が大幅に減少したことや債券市場での一部取引拡大を背景に増益となった。ただ事業の大半はさえず、全体の収入は減少した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。