G20、外為市場沈静化の協調行動は不要=IMFエコノミスト

[ワシントン 19日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のモーリー・オブストフェルド首席エコノミストは19日、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けても外国為替市場は無秩序な状態に陥っておらず、20カ国・地域(G20)は沈静化に向け協調行動をとる必要はないとの考えを示した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。