9月米住宅着工は市場改善示す、賃貸物件の需要急増

[ワシントン 20日 ロイター] - 米商務省が20日発表した9月の米住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比6.5%増の121万戸となった。市場予想の115万戸を上回った。賃貸物件の需要が急増し、経済成長のペースが落ちる中でも住宅市場は安定的に改善していることを示唆した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。