アングル:ミャンマー「ドル闇市場」復活、強まる改革後退懸念

[ヤンゴン 20日 ロイター] - 民政に移行したミャンマーで、軍政期に盛況だったドルの闇市場が再び広がりをみせている。外国人投資家からは為替制度改革の後退を懸念する声が高まっている。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。