コラム:行き過ぎた円高、ドル円の反発余地は=鈴木健吾氏

[東京 14日] - 先月半ばの当コラムで、筆者はドル円の見通しについて、「100円から105円近辺で底値を形成し、その後やや反発、年後半は105円から115円といったレンジを中心とした動きになる」と予想した。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。