中国、国際仲裁判断に激しく反発 「南シナ海での主権守る」

[北京/マニラ 13日 ロイター] - オランダ・ハーグの仲裁裁判所が12日、南シナ海のほぼ全域にわたって主権が及ぶとする中国の主張を認めなかったことについて、中国は13日、激しく反発した。同海域での主権を守るためにあらゆる必要な措置を取ると表明したほか、防空識別圏(ADIZ)を設定する権利があると訴えた。

参照元:ロイター: トップニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。